おいしい食事は空気を変える、世界を変える、未来も変える

自宅でくつろぎながら美味しいピザを食べる

日本人でも適度な価格

イタリアン料理が大好きな日本人

昔、イタリア料理としてばスパゲッティしかありませんでした。しかも喫茶店のランチで出てくる本国には存在しないナポリタンでした。 また、同じように食事の際に楽しむワインもありませんでした。唯一ワインと呼べるものは甘い味付けのワインだけでした。 時は移り、今は、日本中、どこに行ってもイタリアン料理を楽しめるようになりました。イタリアから進出してきた本格的なローマ料理店から、こじんまりしたバールスタイルのお店まで、それぞれの好みに合ったお店選びが可能です。 通常、ランチとディナーに営業時間が分かれています。コース料理とアラカルトで料金設定が異なりますが、ランチで1500円から3000円、ディナーで3000円から5000円というのが比較的一般的な相場と言えます。

今後は楽しみ方にも多様性

イタリアンが広く日本で普及した理由がいくつかありますが、フレンチに比べ、肩ひじ張らずに楽しめることが大きいと指摘する人が多いようです。 また、ソースが中心のフレンチに比べ、素材中心のイタリアンのほうが日本の食文化に馴染みやすいという人もいます。 普通のイタリアンにはレストランとトラットリアと呼ばれるカテゴリーがありますが、日本人にはあまり厳密に区別されていません。 どちらかというとイタリア本国の北部、中部、南部といった地方の特色を出しているお店が増えています。 イタリアンワインを楽しみながら、前菜、スープ、パスタ、メインそしてデザートに至るまで、イタリア各地の食事には信じられないほどのバリエーションがあります。 独立開業する若いシェフたちが、今後、さらに多様なイタリアンをリーズナブルな価格で提供していくことが期待されています。

Copyright © 2015 おいしい食事は空気を変える、世界を変える、未来も変える All Rights Reserved.